古くならずに深くなる〜郷愁を漂わせる洋館へ想いと 愛着のあるオウチStoryをお伺いしました。

 

3階建ての1階部分が玄関と駐車場。2階にはリビングを設けた。何よりも自然の眺めを重視して、窓は大きく、というのが家族全員の一致した意見だった。

「夕焼けこやけの赤とんぼ負われて見たのはいつの日か」透き通るようなソプラノと深みのあるテノールの歌声がリビングに響きます。高橋壮之祐さん、正子さんご夫妻は、毎年夏に行われる「さっぽろ旭山音楽祭」を控え、合唱曲の猛練習中。 「思いついたら、家中どこでもすぐに練習をはじめてしまうの」と正子さんは笑います。お二人の共通の趣味である合唱は、現在の家を建てられてから本格的に始めたもの。 たまたま音楽家の岸田頌子先生のご自宅がお隣だったことから、「札幌旭山音楽祭合唱団」に誘われ、それからは「一年を通して合唱三昧」(正子さん)に。仲間とのコミュニケーションが楽しくて、練習で集まると、つい夜遅くまで話が弾んでしまうのだとか。 壮之祐さんは札幌のご出身。仕事の関係で長く札幌を離れていましたが、やはり心は常に生まれ故郷にあった、と言います。 「昔は電車に乗っていると、窓から柳の枝が入ってきて肩をなでたりしてね。 もっと自然が身近だったし、のんびりとした良さがありましたね」

ご自宅の建築に界川(札幌市中央区)を選ばれたのも、多感だった少年時代を過ごした場所に近く、今でもその頃の札幌の風情が残っているから。 円山や藻岩山の森を目前に、風がふわりと吹き抜ける。そんな自然環境の良さが決め手でした。 「ここに住むようになって、夫が生き生きして見える」と正子さんが言うように、壮之祐さんにとってこの家は、まさに自然と調和した「夢の住みか」。 設計の段階でこだわったのが、眺望と自然光、というのもうなずけます。「朝、目覚めてカーテンを開けると、濃い緑がすぐ目の前に。心と体を元気にしてくれます」と話すのは長女の直子さん。

「朝、お弁当を作って、すぐ近くにある旭山記念公園に主人と出かけるのも楽しみ。人に聞こえないように、噴水の前で合唱の練習をしたりするんですよ」と正子さん。休日には札幌市の自然観察会に参加して、野鳥や名も知らない草花を訪ねて歩くこともある。

階段部吹抜け

ホールから和室を見る

自然をたくみに取り入れたエントランスホール

書斎では読書をしたり、窓から山を眺めたり。「何もせずに過ごすという贅沢もいいものですよ」

仕事で忙しく、家には「寝に帰るだけ」と笑いますが、常に自然に囲まれて暮らしてきた直子さんにとってもこの家は「ホッとくつろぐ場所」。 将来子供が生まれたら、やはりここで育てたい、と環境の良さがお気に入りの様子でした。 「HOPに出会えなかったら、きっとこの土地に住むことはできなかったでしょうし、周りに住む人たちとの出会いもなかった。今のように充実した日々を過ごすこともできなかったはず」と壮之祐さん。 だからこの家を大切にしたい、と言います。「HOPの皆さんが、私たちの家に深い愛情を注いでくれているのがよく分かります。私たちもそれに応えられるように、この家をじっくり育てていかなければ。住む人と一緒に家も成長する、それが家と住む人の本当のあり方なのでしょうから」。

2019181716151413121110987654321