部屋と部屋、室内と屋外が自然につながり、いつも家族の温もりを感じて暮らせることを大切にした原様ファミリーのオウチStoryです。

 

工事中のようすやホームページなどで見た作品に共感をいただき、当初からHOPに依頼しようと考えていたと、嬉しいお言葉を聞かせてくださった原様。その住まいが建つのはご主人が生まれ育った場所です。

テラスで二人の時間を楽しむ原様ご夫妻

札幌の中心部にほど近い、市街地の一角に原様ファミリーの住まいはあります。
「ここは、私の故郷なんです」と話すご主人の表情には、心から落ち着ける場所に戻ってきたという、ホッとする思いが漂っているようです。すぐ近くには、原様のおじいさまが創業した農産種子の生産・卸会社があり、ご主人は三代目として経営を担っています。

東京の大学を卒業後、大手エレクトロニクスメーカーのエンジニアとして働いていた原様。10年ほど経った頃、北海道の大地が頭に浮かぶようになったのだといいます。そして帰郷。そんな時、二代目であるお父様が体調を崩され、会社を継ぐことになります。

「しっかり跡を継いで欲しいと言われていたのだと、そんな気がします」

一からすべてを学び、会社を切り盛りして8年。二人のお子様がそれぞれ中学生、小学校中学年になり、ある程度自立できるようになったこと、借地としていた部分の契約が終了したことを機に、具体的な住まいづくりの計画がスタートしました。

リビングからテラスを望む

中庭からテラスを望む

庭をつくりたい。それが、原様ご夫妻が最初に希望されたことでした。それまでの借家でも、奥様が造詣の深いガーデニングをともに手がけていました。その経験もふまえ、室内から気軽に出られ、手入れや鑑賞ができるガーデニングスペースが第一の希望でした。

そこでテーマとなったのが、家の内と外をどう連続させるかということ。そこで、設計担当がご提案したのが、大きなサッシを開け放つことで自然に外へと出られる仕掛け。2層吹き抜けの開放感あふれるリビングから、大きな板張りのテラスへ、そして庭へと緩やかに繋がっていきます。

「夕刻になると、ビールを片手によく庭に出るんです」とご主人。奥様は「いつでも気軽に木々や草花の手入れができるのがいいですね。家中どこからでも、バスルームからも庭を眺められるのもうれしい!」。

また、玄関脇には1年草を植えるスペースが設けられ、毎年、新たな色彩でゲストや通りかかる人々に安らぎを与えています。

2階の多目的カウンターとオーディオシステム

いつも家族同士で〝気配〟と温もりを感じていたい。原様ご夫妻のそんな思いをカタチにすることもテーマとなりました。

階段を上ると現われる、大きなモニターとサラウンドのオーディオシステムが置かれたスペース。ここはもともと、ご主人専用の書斎となる予定でした。しかし「書斎にこもっていることが、どれくらいあるのだろう?」ご主人はそう考えるようになったといいます。そんな思いを汲み、設計担当がご提案したのがオープンなスペースでした。

反対側は、リビングの吹き抜けに向かってカウンターが造り付けられており、映画やオーディオを大音量で愉しんでいると、それはリビングまで聞こえてきます。でも、まったく気にならないといいます。「それよりも、家族の存在をお互いに意識できるのはいいものだと、暮らし始めて感じましたね」

キッチンダイニング

リビングの脇には、隠れ場所を意味するヌックと呼ばれる空間があります。正面には暖炉、床はリビングよりも下げられ、奥様がこだわった絶妙な色合いのカーペットが敷かれています。「子どもたちが隅っこで音楽を聴いたり、ゲームをしたり。私たちの近くにいることが増えましたね」と奥様は話します。

庭、オーディオスペース、ヌック。どれもリビングと連続していますが、それぞれ個性をもった〝居場所〟となっているので、どこにいても落ち着きがあり、家族のようすが感じられる住まいとなりました。

吹抜け2階のカウンタースペース

エントランスホール

奥様の手入れがいきとどいた庭

グレーの壁を基調とした、モノトーンのイメージ。これも、原様ファミリーの住まいの特徴です。当初は、真っ白な壁に木の色合いを生かしたデザインでしたが、「HOPさんの作品の一つにあった、質感のあるグレーの壁がしっくりくるように思えたんです」とは奥様。家づくりの最終段階に差しかかっていましたが、「思い切って相談すると快諾いただけて。そこから細かな調整などを経て、この家は完成したんです」

外壁も同じトーンのグレー。それは、この環境に時とともになじんでいく〝自然な色合い〟を選択した結果でもあります。外壁の色を見て全幅の信頼を感じていただいたという奥様。それ以降、完成まで現場に足を運ばなかったそうです。

美しく手入れされた南側庭園

ダイニングスペースで語らうご夫妻と設計担当の原田

奥様こだわりの空間ヌック

「引き渡しの日、家内は大粒の涙を見せて感動し、心からホッとした表情を見せたものでした」とご主人は振り返ります。

場所への思いと家族への思い。それらが一つになり、心から安らいで暮らされているようすが伝わってくる、温かなオウチStoryでした。

左/HOPの家オーナー 原様ご夫妻
右/HOPデザインセンター長 一級建築士 原田昌樹

2019181716151413121110987654321